!マーク

勤管システムの導入で労務管理等にかかる労力や人件費の削減を実現

給与計算などの手間を削減したいなら勤怠管理システムの導入を

握手

従業員が増えれば増えるほど、大変になるのが労務管理や勤怠管理です。ただ、従業員の給料計算だけでなく社会保険や福利厚生に携わる労務管理というのは、避けては通れない業務です。そのため、多少の手間や時間、人件費がかかるのは仕方ないと諦めている人もいるでしょう。確かに業務そのものを無くすことはできませんが、勤怠管理システムを導入することによって、労務管理や勤怠管理にかかる時間とコストを大幅にカットすることができます。

このような勤怠管理システムの中でも、選んでおいて損がないのがクラウド型の管理システムです。クラウド型の中には、日々の勤務状況などを管理し、締め日の給与計算を簡単にすることができるだけでなく、打刻漏れや働き過ぎに対する警告を行えるものもあります。こうした機能がついた勤怠管理システムを導入すれば、ミスを大幅に減らすことができるだけでなく、法律に沿った働き方を促すことができるというメリットもあります。

さらに、勤怠管理システムを導入すれば、有給の申請などもパソコンやスマートフォンで手軽に行えるようになります。そのため、労務業務や勤怠管理の手間を大幅に省きたい、コスト削減をしたいという時は勤怠管理システムの導入を考えておくと良いでしょう。

勤怠打刻等にはクラウド型の労務管理システムを活用しよう

労務管理の一つとして、従業員の出勤日数や勤務時間などを管理する勤怠管理があります。勤怠管理は、給与計算などを行う上で欠かせない業務ですが、従業員が多くなればなるほど、管理に手間や時間がかかることになります。こうした勤怠、労務管理にかかる手間や時間、人件費などを減らしたい場合は、クラウド型の勤怠管理システムを導入することがおすすめです。

クラウド型の勤怠管理システムを導入するメリットは、日々の勤務状況などを手軽に管理できることです。タイムカードなどを使った勤務管理の場合、毎月締め日になると従業員の給与計算に追われる状態となってしまうことは少なくありません。従業員の日々の勤怠管理をすることができるだけでなく、給与計算ソフトなどとの連携も可能な勤怠管理システムを使えば、締め日だからといって慌てる必要がなくなります。そのため、給与計算などにかかるコストを大幅に削減したいのであれば、勤怠管理システムの導入を考えておいて損がありません。

クラウド型の勤怠管理システムや労務管理システムは、従業員本人が情報の入力を行えるというメリットもあります。従業員本人が情報入力を行えば、結果として入力にかかる手間を省くことができるだけでなく、入力ミスを減らすこともできます。

労務に関しての窓口業務もスムーズな勤怠管理システムを導入しよう

企業に勤める従業員の勤怠管理や給与管理などを行う労務管理の部署には、日々の対応を行う窓口があります。従業員の多い企業では、何かと窓口が混み合うこともあります。特に社員以外の従業員を抱える企業の場合は勤務形態の違いもあり、申請や問い合わせが多くなりがちです。遅刻早退や休暇申請に関わる勤怠管理の業務も、日々あれこれ発生します。
各従業員の労務管理に関する申請書などを紙で行っている場合、それらの業務に時間が掛かり窓口が混み合うこともあるでしょう。担当者の負担も大きく、労務管理の効率化を図りたいところでしょう。色々な部門でシステム化が進む中、労務管理や勤怠管理部門にも取り入れたいシステムがあります。それは、勤怠管理システムです。各種申請がペーパーレスで行え、各従業員の個別情報をシステムで一括管理できます。
勤怠管理システムを導入すれば窓口での業務もスムーズになり、混み合うこともありません。担当者の業務改善も図れて、様々なメリットがあります。特に勤怠管理では各種の申請が個々の従業員で行えるようになり、従来のような手間が省けます。システムで情報管理もでき、労務管理に関わる従業員の現状も簡単に把握でき、さらに分析も可能です。業務の効率化や改善が図れるため、導入するメリットは大きいでしょう。


理想の働き方を実現できる!残業時間の見える化なら《MiTERAS》の勤怠システムにしませんか?《MiTERAS》のシステムなら長時間労働やサービス残業の常態化などが改善できます!

最新の記事

勤怠管理システムの導入で労務に関しての業務を大幅に改善できる

労務管理と言えば、従業員の勤怠管理を一挙に行う部門です。早退・遅刻の申請や休暇の取得申請は日々発生する業務の一つですし、その他の各種申請や問い合わせも随時発生します。それらの煩雑な労務管理に追われている事業者の方にぜひおすすめしたいものは、勤怠管理システムです。このシステムを導入すれば、大幅に業務改善が図れることをご存知でしょうか。会社の規模によっては「システム導入」と聞いて「そんな大袈裟なことは」と躊躇されるかもしれませんが、そのメリットを知れば導入したくなる…

勤管システム導入で労務管理部門の時間外労働を改善しよう

一息つく女性

企業の労務管理部門においては、勤怠管理にあれこれと注意する責任があります。しかし、社員の勤怠管理が業務上煩雑で膨大な時間がかかり、時間外勤務で対応しているといったことはありませんか?そんな労務管…

くわしく読む

個人事業主は勤怠管理システムで業務をヒューマンレス化しよう

スマホをチェックする男性

小規模な会社や商店などの多くは、個人事業主自身が労務管理を行うということは少なくはありません。しかし、勤怠管理を台帳やタイムカードで管理している場合、勤務時間の集計に時間を要するだけでなく、給与…

くわしく読む

勤怠管理システムは情報登録が二度手間にならないものを導入しよう

赤いネクタイ

これまで勤怠管理、労務管理そして人事管理はそれぞれ異なるシステムで管理運用していたというケースは少なくはありません。しかし、近年ではWindowsOSのアップデート、システムのマイグレーションに…

くわしく読む
TOP