!マーク

勤管システムの導入で労務管理等にかかる労力や人件費の削減を実現

勤怠管理システムは情報登録が二度手間にならないものを導入しよう

赤いネクタイ

これまで勤怠管理、労務管理そして人事管理はそれぞれ異なるシステムで管理運用していたというケースは少なくはありません。しかし、近年ではWindowsOSのアップデート、システムのマイグレーションに迫られることもあります。そこで、基幹システムの更新が迫っているなら最新の勤怠管理システムを導入してみませんか?
現在では勤怠管理、労務管理、人事管理だけでなく給与計算や各種申請書類の自動作成が可能な勤怠管理システムがパッケージ化されています。例えば、新卒採用と中途採用を行う際、必ず内定者の個人情報が必要になります。この情報を勤怠管理システムと連携することができ、入力作業の二度手間がなくなります。さらに社内において人事異動があった際でも、勤務地や所属部門の変更情報を連携でき、給与計算だけでなく人件費の仕訳処理も各部門ごとに自動的に分離することも可能です。また、勤務地が変更となる場合、通勤手当などの計算も容易になります。そのほか、基幹システムをマイグレーションする際、パッケージ化された勤怠管理システムなら各種システムにおけるデータの連携を心配する必要がない上、導入コストも大幅に抑えられます。
人事労務管理関連のシステム更新を検討している担当者は、最新の勤怠管理システムをまずは検討しましょう。

最新の記事

勤怠管理システムの導入で労務に関しての業務を大幅に改善できる

労務管理と言えば、従業員の勤怠管理を一挙に行う部門です。早退・遅刻の申請や休暇の取得申請は日々発生する業務の一つですし、その他の各種申請や問い合わせも随時発生します。それらの煩雑な労務管理に追われている事業者の方にぜひおすすめしたいものは、勤怠管理システムです。このシステムを導入すれば、大幅に業務改善が図れることをご存知でしょうか。会社の規模によっては「システム導入」と聞いて「そんな大袈裟なことは」と躊躇されるかもしれませんが、そのメリットを知れば導入したくなる…

勤管システム導入で労務管理部門の時間外労働を改善しよう

一息つく女性

企業の労務管理部門においては、勤怠管理にあれこれと注意する責任があります。しかし、社員の勤怠管理が業務上煩雑で膨大な時間がかかり、時間外勤務で対応しているといったことはありませんか?そんな労務管…

くわしく読む

個人事業主は勤怠管理システムで業務をヒューマンレス化しよう

スマホをチェックする男性

小規模な会社や商店などの多くは、個人事業主自身が労務管理を行うということは少なくはありません。しかし、勤怠管理を台帳やタイムカードで管理している場合、勤務時間の集計に時間を要するだけでなく、給与…

くわしく読む

勤怠管理システムは情報登録が二度手間にならないものを導入しよう

赤いネクタイ

これまで勤怠管理、労務管理そして人事管理はそれぞれ異なるシステムで管理運用していたというケースは少なくはありません。しかし、近年ではWindowsOSのアップデート、システムのマイグレーションに…

くわしく読む
TOP